不動産ニュース / 政策・制度

2021/7/20

国交省、FTK活用促進へハンドブック作成

 国土交通省は20日、不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会(座長:田村幸太郎・牛島綜合法律事務所弁護士)の中間とりまとめを策定。FTKによる地域の不動産の再生・活用を通じた地域の課題解決、地方創生を促進するためのハンドブックを作成した。

 同省は、新型コロナ危機を契機とした新たなまちづくりの方向性、郊外や地方都市での「地元生活圏」の形成促進などの新しい課題といった社会的背景を踏まえ、FTKの多様な活用可能性に着目。地域の課題解決へFTKの活用をさらに促すための施策を検討するため、2020年6月に同検討会を設置し、「まちづくり分野」と「ヘルスケア分野」それぞれで、FTKの有用性を6回にわたり検討してきた。令和2年度のFTK案件数は295件と、平成28年度の56件の約5倍と増加傾向にあるが、同省では「活用が進んでいるとは言いがたい」と指摘している。

 中間とりまとめでは、まちづくり分野におけるFTKの有用性について「市民ファンドやクラウドファンディング等を活用し、投資家が利用者となるような、地元完結の枠組みを作りやすい」「金銭リターンのほか、施設利用権の付与など、投資家が事業に対し共感する仕組みの構築も可能」「比較的機動性の高いスキームであり、小規模な不動産でも対象となり得ることから、地域に密接したまちづくりの課題への対処に有効」などとした。
 ヘルスケア分野については「個人地主以外が保有している好立地不動産の機動的な取得や、建物の更新投資が可能」「実物不動産と資金とを目に見える形で紐付けることや地域で自前の資金調達を行なうことができるため、ヘルスケア施設の整備など地域に密接した課題への対処において有効」「クラウドファンディングは、個人投資家の投資機会拡大に資することはもとより、地域住民が投資することで、ヘルスケア施設の充実といった地域の課題に対し主体的に取り組むことが可能」などとした。

 さらなるFTK好事例の普及に向けては、「金融機関の通常の融資の対象となりづらい場合等、不動産開発・改修に係る資金調達が困難である場合に対応できる」「住民や地域に関心のある個人からの投資を募ることで、まちづくりの自分事化や関係人口の増加が期待できる」「地域の公的不動産活用事業に対し円滑な資金供給を実現することで行政費用が抑制できる」といったFTK活用のメリットや、「地元企業や住民等から小口で資金を募ることができ、地域ファイナンスが実現可能」「地元企業や住民等が、経済的なリターンのみならず、事業内容への共感を基に投資を行なうなど、従来の金融機関からの融資中心の枠組みとは異なる多様な資金調達を実現できる」といった地方創生におけるFTK活用の意義を整理。関係者がFTKの活用イメージを明確に持てるよう、FTKの好事例を紹介する事例集(FTK利活用促進ハンドブック)を作成。セミナー等を通じ、FTKの周知を図るとしている。

 また、FTK事業者と地方公共団体のマッチング促進へ関係者が連携体制を構築するため必要な仕組みの検討や、FTKのさらなる活用に向けた制度改善等についても、引き続き検討していくとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。