不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/27

富山の商業施設にアートを活用した地域交流拠点

 三井不動産(株)は8月3日、「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」(富山県小矢部市)内に、アート&デザイン コミュニティスペース「Meets GEIBUN」をオープンする。

 富山大学との共同プロジェクト。両者は、2018年から小矢部市において連携した取り組みを開始し、19年に組織的連携協力協定を締結。同施設において地域の発展および活性化を目的とした共同研究・調査を行なってきた。

 今回は、さらなる連携強化とともに、より地域に開いた場づくりを目指し、年間を通じてさまざまな研究・イベントを開催するコミュニティスペース「Meets GEIBUN」をオープンする。同大学芸術文学部(GEIBUN)の学生作品の展示やデザインワークショップの開催等により、アート&デザインの観点から地域交流の場づくりと文化創造の活性化を目指す。

 「Meets GEIBUN」は、ギャラリーエリア、フリーエリア、情報エリアで構成。企画内容に合わせられるよう、空中にワイヤーを張り巡らし、そこから布を下げて間仕切ることにより、空間が変容できる仕様とした。

 3~18日は、「GEIBUN SOCKS展(仮称)<SUKENO × GEIBUN × 富山県総合デザインセンター>」 を開催する予定。GEIBUNの授業「デザイン展開(プロダクトデザイン実習)」で取り組んだ地域連携授業の成果を展示する。

 「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」は、15年7月に開業。敷地面積約13万平方メートル、延床面積約4万5,000平方メートル。あいの風とやま鉄道「石動」駅よりバスで9分に立地。店舗数は約170店舗。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。