不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/7/29

首都圏既存Mの価格乖離率、マイナス6%に

 (株)東京カンテイは29日、2020年下期における既存マンション売出価格と取引価格を比較した「価格乖離率」に関する調査結果を公表した。同社データベースに登録されている、専有面積30平方メートル以上の居住用既存マンションの取引事例のうち、価格乖離率が負の値となるケースを抽出した。

 20年下期の首都圏における既存マンション平均売出価格は3,884万円(前期比2.1%上昇)に対して平均取引価格は3,649万円(同3.3%上昇)となり、価格乖離率はマイナス6.05%(同1.10ポイント縮小)と、直近10年間で最も価格乖離率が小さくなった。需給がひっ迫し、売出価格が上昇傾向にある中で強気の値付けにも買い手がついており、コロナ禍においても旺盛な購入ニーズが既存マンション市場を支えていることがうかがえる。

 売り出しから成約までの売却期間は、12年以降4ヵ月前後で推移。20年下期は4.15ヵ月(同0.03ヵ月減)と、わずかに短縮した。価格乖離率と売却期間の相関関係をみると、売却期間1ヵ月以内での価格乖離率はマイナス2.97%。事例シェアは35.1%で、全体の3分の1以上が売り出しから1ヵ月以内で成約している実態も分かった。なお、売却期間3ヵ月以内ではマイナス3.97%で、さらに長期化し、9ヵ月を超えると乖離率はマイナス10%を超えている。

 近畿圏は売出価格2,858万円(同3.5%上昇)、取引価格2,635万円(同3.3%上昇)で、価格乖離率はマイナス7.80%(同0.19ポイント拡大)。13年以降の価格上昇局面では最も乖離率が大きくなった。売却期間は4.47ヵ月(同0.76ヵ月増)となっており、販売長期化の傾向が加速している。

 中部圏は売出価格2,434万円(同5.6%低下)、取引価格2,248万円(同5.1%低下)となり、価格乖離率はマイナス7.64%(同0.47%減)と縮小した。売却期間は4.16ヵ月(同0.40ヵ月増)と長期化、4ヵ月を超えたのは14年以来となる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。