不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/7/29

過去10年の新築M供給、首都圏最多は「勝どき」駅

 (株)東京カンテイは29日、2011~20年の新築分譲マンション駅別供給動向の調査結果を公表した。同社データベースに登録された分譲マンションのうち、ホテル仕様や分譲駐車場などの特殊事例を除いた事例を集計した。

 首都圏で過去10年間の新築マンション供給量が最も多かった駅は都営大江戸線「勝どき」駅で、5,871戸となった。2番目に多かったのは東急東横線「武蔵小杉」駅で5,442戸、3番目は東京メトロ有楽町線「豊洲」駅で5,323戸となった。

 上位3駅は、いずれも再開発が活発だったエリア。「大きな面開発がある地域では、タワーマンションを中心に、総戸数が多いマンションが供給されている」(同社)。1位の「勝どき:駅で供給されたマンションのうち総戸数が500戸以上となったのは82.4%、「武蔵小杉」駅は64.7%、「豊洲」駅では70.1%と、いずれも大きな割合を占めた。

 価格帯については、近年の上昇傾向が如実に表れた。「勝どき」駅では、6,000万~1億円未満が57.0%で最多。「武蔵小杉」駅も同価格帯が56.5%で最も多かった。両駅とも、12年1月に公表した同様の調査(対象:02~11年)では、4,000万円台の供給シェアが最も大きく、過去10年で新築分譲マンションの価格上昇が顕著だったことがうかがえる。

 近畿圏で過去10年間のマンション供給が多かったのは、大阪メトロ千日前線「阿波座」駅の3,349戸。2位は北大阪急行南北線「千里中央」駅で3,119戸、3位は大阪メトロ御堂筋線「本町」駅で2,525戸となった。「阿波座」駅は、ワンルームマンションの供給が多く、すべての物件が徒歩10分圏内で供給されている。

 中部圏はJR「浜松」駅が1,783駅で最多。名古屋市営地下鉄名城線「久屋大通」駅が1,617戸、JR「静岡」駅が1,407戸で続いた。「浜松」駅は、徒歩3分以内の供給こそなかったものの、徒歩4~6分からバス便までまんべんなく供給されている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。