不動産ニュース / その他

2021/7/29

グループ人権方針を策定/野村不

 野村不動産ホールディングス(株)は、「野村不動産グループ人権方針」を策定した。

 国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」をはじめとする国際基準に則って定めた。差別の禁止、セクシャルハラスメントを含むハラスメントの防止、適正な労働条件の設定といった人権課題を特定。それらに従い、ステークホルダーとの対話を行ないながら、取り組みを進めていく計画。

 この方針策定により、あらゆる人がウェルネスを実感できる持続可能な社会を実現するために、「人権の尊重」を経営・事業活動の基盤として、その責任を明確に表明したとしており、今後、全事業活動をこの方針遵守のもとで進めていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。