不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/8/2

4~6月のマンション市場総戸数は10万2,475戸

 (株)東京カンテイは2日、2021年第2四半期(4~6月)における、全国のマンション市場の新築供給戸数と中古(既存)流通戸数に関するレポートを発表した。

 全国の新築マンション供給戸数と既存マンション流通戸数を合わせたマンション市場総戸数は10万2,475戸(前年同期比0.3%増)と、5期ぶりに前年同期の水準を上回った。

 内訳を見ると、新築マンション供給戸数は2万122戸(同116.9%増)と大幅に増加。この理由については、あくまで20年第2四半期における供給戸数の急減による影響を多分に含んだイレギュラーなものであると分析。なお、戸数自体はコロナ以前の水準(19年同期:1万8,613戸)を上回っており、新築市場においてはコロナ禍による供給状況への影響はおおむね解消されたとしている。また、市場全体に占めるシェアは19.6%で目立った変化は見られなかった。

 既存マンション流通戸数は8万2,353戸(前年同期比11.3%減)で、2期連続の2ケタマイナスに。減少率はやや縮小したものの、すべての圏域において前年同期比が軒並みマイナスとなっている状況に変わりはない。

 新築・既存マンション市場規模(1戸平均価格×戸数で算出)は約3兆6,390億円(同22.7%上昇)で、2期ぶりのプラスとなった。その内訳は、新築マンション市場規模が約1兆1,789億円(同233.1%上昇)、既存マンション市場規模が約2兆4,600億円(同5.8%下落)。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。