不動産ニュース / 開発・分譲

2021/8/3

タイ・バンコクでの複合開発に参画/東急不

ホテルを主要用途とした複合開発(完成外観予想図)

 東急不動産(株)は2日、タイ・バンコク市内中心部にて、現地大手上場不動産ディベロッパーのOrigin Property Public Company Limitedと、その100%子会社であるOne Origin Company Limitedが開発を進める複合開発事業に参画すると発表した。タイでの事業参画は初。

 バンコク中心部とスワンナプーム国際空港をつなぐ空港線の始発駅、および市内主要交通機関であるバンコクスカイトレインのパヤタイ駅から約200mに立地。ホテルを主要用途とした複合開発で、ホテル計412室のほかオフィスと商業部分を含む計画とする。敷地面積約2,800平方メートル、延床面積約2万6,821.3平方メートル。
 着工は9月、竣工・引き渡しは2023年9月の予定。

 東急不動産は今年度、海外事業本部と物流・再生エネルギー事業を担うインフラ・インダストリー事業本部とで構成する「戦略事業ユニット」を立ち上げた。オリジン社を海外事業展開における長期戦略パートナーとし、タイでの事業拡大を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。