不動産ニュース / その他

2021/8/3

タカラレーベン、バイオマス発電事業に参入

 (株)タカラレーベンは3日、7月29日より同社初となるバイオマス発電事業へ参入したと発表した。

 畜産バイオに係る再生エネルギーの製造販売等を行なう合同会社富士山朝霧Biomass(静岡県富士宮市)へ出資。発電施設は環境省「環境調和型バイオマス資源活用モデル事業」で使用していた施設を「富士山朝霧バイオマス発電所(仮称)」として活用する。発電開始は、2022年度以降の予定。燃料は、富士開拓農業協同組合の会員から徴収した牛ふん(1日当たり17t、約350頭分)。家畜の糞尿を発酵処理することでバイオガスと液体肥料を生成し、バイオガスを燃焼することで発電を行なう。酪農家の廃棄物処理問題を解決すると共にクリーンエネルギーを供給する。また、液体肥料も酪農家および地元の農家に提供し役立てる。想定年間発電量は69万3,793kwh。

 タカラレーベンは、同農業協同組合、(株)土谷特殊農機具製作所は同発電所らと共に、共同事業者として参画する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。