不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/10

都心5区ビル空室率、13ヵ月連続で上昇

 三幸エステート(株)は10日、2021年8月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(1フロア面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。

 東京都心5区の空室率は3.50%(前月比0.24ポイント上昇)と13ヵ月連続で上昇した。コロナ後のオフィス戦略の見直しにより生じた大口の募集床が後継テナントを確保できず、現空となる事例が散見された。また、今年に入りテナントの移転件数は増加傾向にあるが、縮小移転等が動機となっているケースが多く、オフィス需要はコロナ前の水準を下回る状況となっている。潜在空室率(貸付総面積に対する募集面積の割合)は7.40%(同0.09ポイント低下)と、19ヵ月ぶりに低下した。

 1坪当たりの募集賃料は2万8,739円(同19円上昇)と、3ヵ月ぶりに小幅に上昇したものの、低下傾向が継続している。募集面積は62万316坪(同2,873坪増)。新築ビルへ移転したテナントの二次空室や部分解約等でまとまった面積の募集床を抱えるビルを中心に、フリーレントを含む条件緩和によりテナント誘致を促進する動きも見られる。

 全国6大都市の空室率は、東京23区3.5%(同0.2ポイント上昇)、札幌市3.1%(同0.6ポイント上昇)、仙台市3.6%(同0.9ポイント低下)、名古屋市2.8%(同0.1ポイント上昇)、大阪市3.0%(同0.3ポイント上昇)、福岡市2.7%(同0.1ポイント低下)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。