不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/13

神奈川にペット共生リノベマンション/リビングライフ

敷地内のドッグラン

 (株)リビングライフは、ペット共生マンションとして1棟リノベーションした「リリファ相武台」(神奈川県座間市、総戸数24戸)の販売を開始した。

 小田急電鉄小田原線「相武台前」駅徒歩11分。1997年築、鉄筋コンクリート造地上4階地下1階建て。敷地面積は約1,468平方メートル。

 同社が建物全体を取得し、共用部まで含めて1棟丸ごとリノベーションを実施。共用部にはペットが走り回れる「ドッグラン」を設けたほか、入浴等ができる「トリミングスペース」、散歩の後に足を洗える「ペット足洗い場」を設けた。また、ペットの糞等の処理袋等も用意したペット共生用の防災備蓄庫「ペット用まもりBOX」を用意している。

 専有部では、ペットにやさしいクッション材入りの「ペットタイプ床材」を採用。シンクでシャワーができる「フラットシンク化粧台」や、気になるにおいを脱臭できる「天井埋込型ナノイー発生器」(オプション)、キャットウォーク(オプション)等を設置することができる。

 さらに、人とペットが適正で正しく暮らせるように入居ルールや管理運営体制の整備を必要だとする(公社)日本愛玩動物協会の「ペットフレンドリーホーム宣言」に賛同・宣言。管理は同社グループでペット飼育可能なマンションの管理実績が多い(株)リビングコミュニティが担当し、同社のノウハウを生かすことで、大型犬の多頭飼育も可能なマンションとした。専有面積は67~79平方メートル。

 犬用と猫用の2つのモデルルームを設置。第1期2次の販売戸数は1戸、間取り3LDK、専有面積約70平方メートル。販売価格2,438万円。入居は2022年3月末の予定。

専有部のキャットウォーク

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。