不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/15

「下北線路街」に客室の“時間貸し”導入したホテル

「MUSTARD HOTEL SIMOKITAZAWA」外観
20平方メートルのバルコニーを付帯した、デラックスハリウッドツイン内観

 小田急電鉄(株)は、同社が推進する「下北線路街(しもきたせんろがい)」(東京都世田谷区)で、都市型ホテル「MUSTARD HOTEL SIMOKITAZAWA」(客室数60室)を16日に開業する。15日、報道陣に公開した。

 下北線路街は、小田急線「東北沢」駅~「世田谷代田」駅の地下化に伴ってできた全長約1.7km・敷地面積約2万7,500平方メートルの線路跡地を開発するプロジェクト。ホテルは、小田急線「下北沢」駅より徒歩6分、「東北沢」駅より徒歩2分。6月に開業した商業施設「reload」の至近に立地する。延床面積約1,767平方メートル、鉄骨造地上2階建て。運営は(株)GREENINGが行なう。

 “街の隠し味”をコンセプトに、滞在を通して、下北エリアに根付く音楽や演劇、古着を始めとした多様な文化に触れることができる施設を目指す。

 客室は、スーペリアダブル(40室、15平方メートル)を中心に、スーペリアハリウッドツイン(12室、17平方メートル)、セミダブルバンクツイン(4室、15平方メートル)、20平方メートルのバルコニーを設けたデラックスハリウッドツイン(2室、30平方メートル)など、全6タイプを用意し、全客室にレコードプレイヤーを完備。下北沢に拠点を置くスタジオ併設型レコードショップ「Jazzy Sport」が監修したレコード300枚取り揃え、宿泊者に無料でレンタルする。宿泊料金は、スーペリアダブルで1万2,000円~1万8,000円。非接触のセルフチェックインサービスを導入し、感染対策にも配慮。1階には、宿泊者以外にも開放する飲食店舗2店を誘致した。

 テレワークニーズ等を踏まえ、客室の時間貸しプランも用意。プロジェクターやパソコン、音響機器など必要な備品も貸し出す。料金は30分500円から。マッサージや鍼灸など、パーソナルビジネスでの客室利用も見込んだ会員組織も創設。定期的な客室提供や会員間の情報提供、送客等をサポートしていく。一方、長期滞在プランでは、隣接する「reload」の対象店舗で割引メニューを提供するなど、多様なサービスを付帯。料金は30泊15万円(客室はスーペリアダブル)。

 そのほか、同施設に滞在するミュージシャンと連携した音楽イベントなど、多彩なイベントも開催していく予定。

1階に併設するカフェ「SIDEWALK COFFEE ROASTERS」。コーヒーや自家製ベーグル等を提供する
1階の焼酎BAR「くらげ」。店主が厳選した40種類の焼酎や泡盛を用意するほか、ヴィンテージスピーカーを設置し、音楽も楽しめるようにした(現在は休業中)

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。