不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/21

基準地価、全用途で2年連続の下落も下落幅は縮小

 国土交通省は21日、令和3年度都道府県地価調査(7月1日時点)を発表した。調査地点は2万1,400地点。

 地価の平均変動率については、全国での全用途平均が0.4%下落(前回調査:0.6%下落)と2年連続の下落となったが、下落率は縮小した。住宅地は0.5%下落(同:0.7%下落)で、下落継続も下落率が縮小した。都心中心部の希少性が高い住宅地や交通利便性等に優れた住宅地では上昇が継続しており、上昇がみられる地域の範囲も拡大している。商業地は0.5%下落(同:0.3%下落)と2年連続の下落に。工業地は0.8%上昇(同:0.2%上昇)と4年連続で上昇し、上昇率も拡大。eコマース市場の拡大に伴う大型物流施設用地の需要が強く、適地となる工業地で上昇した。

 圏域別では、三大都市圏は全用途平均0.1%上昇(同:0.0%上昇)、住宅地0.0%上昇(同:0.3%下落)、商業地0.1%上昇(同:0.7%上昇)、工業地1.9%上昇(同:1.2%上昇)。東京圏は、全用途平均0.2%上昇(同:0.1%上昇)、住宅地0.1%上昇(同:0.2%下落)、商業地0.1%上昇(同:1.0%上昇)、工業地2.3%上昇(同:1.7%上昇)。大阪圏は全用途平均0.3%下落(同:0.0%上昇)、住宅地0.3%下落(同:0.4%下落)、商業地0.6%下落(同:1.2%上昇)、工業地1.7%上昇(同:1.2%上昇)。名古屋圏は全用途平均0.5%上昇(同:0.8%下落)、住宅地0.3%上昇(同:0.7%下落)、商業地1.0%上昇(同:1.1%下落)、工業地1.2%上昇(同:0.6%下落)。

 上昇・横ばい・下落の地点数については、住宅地は上昇3,187(構成比21.9%)、横ばい3,319(22.8%)、下落8,069(55.4%)。商業地は上昇1,120(21.6%)、横ばい1,221(23.5%)、下落2,846(54.9%)。全用途平均が上昇4,665(22.5%)、横ばい4,865(23.5%)下落1万1,216(54.1%)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都道府県地価調査

都道府県地価調査は、国土利用計画法による土地取引の規制を適正に実施するため、国土利用計画法施行令第9条にもとづき、都道府県知事が毎年9月下旬に公表する土地評価である。評価の対象となるのは全国の約2万地点の「基準地」である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?