不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/10/1

推進C、「宅建マイスター」受験受付を開始

 (公財)不動産流通推進センターは1日、第6回「宅建マイスター試験」の申込受付を開始した。

 「宅建マイスター」は、不動産取引に際して、現地調査やオーナーヒアリングを行なっても発見しづらい不動産リスクを予見・発見し、それを重要事項説明や契約書に反映することでトラブルを未然防止、安心・安全な取引を行なう能力を証明する独自の認定資格。

 受験資格は宅地建物取引士証取得後5年以上の実務経験、もしくは同センター実施の「不動産流通実務検定“スコア”」で600点以上を得点していることなど。試験当日、有効な宅地建物取引士証の提示が必要。

 試験は2022年1月26日、東京・大阪の2会場で実施する。受験料は1万3,000円(税込み)。受付期間は同年1月12日17時まで。

 また同センターでは、同資格の受験を目指す人を対象とした「集中講座」を開催する。「Web視聴型」と「事例エクササイズ(会場型/LIVE配信あり)」を用意。詳細は、ホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。