不動産ニュース / 団体・グループ

2021/10/6

2020年度、住宅に関する電話相談件数は約3万件

 (公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、2020年度における住宅相談と紛争処理業務の状況を公表した。同年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、住宅相談の体制等を縮小した。

 住宅の取得やリフォーム等に関する相談に対して、一級建築士が助言する「電話相談」については、同年度全体で2万9,069件(前年比14.5%減)。このうち新築等の相談は1万9,872件、リフォーム相談は9,197件。リフォーム相談のうち、リフォーム見積もりチェックサービスの利用は241件だった。なお、00年度の相談業務開始以来の相談件数は累計で38万6,999件となった。

 全国の弁護士会と連携し、弁護士と建築士が原則ペアになって対面相談を受ける「専門家相談」は、全体で1,493件(同25.0%減)実施した。このうち、建設住宅性能評価書を取得した住宅に関する相談は145件、住宅瑕疵担保責任保険が付された住宅の相談は753件、リフォームに関する相談は595件だった。

 全国の弁護士会による買い主と売り主・発注者と請負人との紛争処理支援については、申請受付件数が161件(同19件減)、制度開始以降の累計は1,809件となった。このうち、申請前に専門家相談を受けたのは131件で、約8割に上っている。調停等の成立により紛争が終結した件数は155件で、累計は1,681件。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。