不動産ニュース / その他

2021/10/18

令和3年度宅建試験、受験者数は約21万人

 (一財)不動産適正取引推進機構は18日、17日に実施した「令和3年度宅地建物取引士試験」の受験状況(速報)を発表した。

 受験申込者数は25万6,704人(令和2年度:25万9,284人〈10月実施と12月実施の合計〉)と減少。受験者数は20万9,681人(前年10月受験者:16万8,989人)から増加した。受験率は81.7%。なお、前年の受験者数合計は20万4,250人。

 登録講習修了者の受験者数は4万8,886人で受験率は88.9%だった。

 合格発表は12月1日。

 なお、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、大阪府、広島県、沖縄県では12月19日にも試験を実施する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
協力すれば空き家が蘇る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/9/13

「記者の目」更新しました。

空き家を『バイク女子』向けシェアハウスに」配信しました。
全国各地で空き家の増加が問題となる中、独自のアイディアで空き家を再生するケースも増えてきている。そんな中、築60年超の空き家を「ガレージ付き」女性専用シェアハウスへと改修、収益物件化した事例があるという。リノベーションを手掛けた(株)Rバンクに、事業の経緯や改修工事のポイント、竣工後の反響等について聞いた。