不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/22

芝浦一丁目で再開発。観光拠点も含めて整備

「(仮称)芝浦一丁目計画」開発イメージ

 国土交通省は22日、「(仮称)芝浦一丁目計画」(東京都港区)を民間都市再生事業計画に認定した。

 同事業は、開発面積は約5万7,599平方メートル。申請事業者は野村不動産(株)、野村不動産ビルディング(株)、東日本旅客鉄道(株)。

 浜松町・竹芝エリア全体の回遊性を高める歩行者ネットワークの強化、回遊の軸となる緑とにぎわいの空間整備、芝浦運河や日の出ふ頭における水辺の観光・にぎわい拠点の創出を行なう。併せて、水辺の観光拠点を中心としたアフターコンベンション施設や、外国人の生活支援・滞在居住機能を導入した国際ビジネス・観光拠点も整備。オフィス・商業・ホテル・住宅等で構成する建物(S棟:地上43階地下3階建て、N棟:地上45階地下3階建て)など、合計6つの建築物を建設する。

 事業施行期間は10月1日~3月31日。竣工は、2031年3月末を予定する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。