不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/10/28

広い面積帯の需要強く、首都圏既存Mの坪単価押し上げ

 (株)東京カンテイは28日、首都圏主要都市別の既存マンションの専有面積帯別の価格推移調査の結果を公表した。同社データベースに登録された分譲マンションのうち、2021年9月末までに流通した既存物件を対象に調査。19年第1四半期の平均坪単価を100として指数化した。

 21年第3四半期の東京23区における面積帯別坪単価指数は30平方メートル未満が103.6、30~40平方メートル台が119.6、50~60平方メートル台が118.1、70平方メートル以上は127.4と、コロナ前に比べて一様に価格は上昇している中で、特に70平方メートル以上の面積帯が最も上昇幅が大きかった。コロナ感染拡大が顕在化した20年第1四半期以降、徐々に指数が上昇し、21年に入ってから上昇幅が拡大する傾向が続いている。

 横浜市やさいたま市でも同様の傾向が出てきており、横浜市では、30平方メートル未満はサンプルなし、30~40平方メートル台111.3、50~60平方メートル台109.5、70平方メートル以上114.8。さいたま市では、30平方メートル未満はサンプルなし、30~40平方メートル台107.6、40~50平方メートル台120.2、70平方メートル以上118.5となった(40~50平方メートル台はそれまでの推移からみて特殊事例による異常値と考えられる)。

 同社では、「面積が広いほど単価の上昇幅が大きい。コロナ禍により、テレワークスペースの確保などさまざまな理由で面積の広い物件を求める傾向が強くなっていると言われているが、それを裏付けるように『広さが付加価値になる』結果になった」と分析した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。