不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/10/29

購入・賃貸検討者の8割が「オンライン契約を利用したい」

 (株)いい生活とGMO グローバルサイン・ホールディングス(株)は27日、不動産DXのニーズに関する調査結果を発表した。調査時期は10月8~18日。不動産の購入・賃貸を検討する22~60歳の男女500人を対象に、インターネットで調査した。

 「オンラインによる重要事項説明」(IT重説)については、「知っていて利用したことがある」(15.6%)、「知っているが利用したことはない」(30.6%)となり、合わせて46.2%が認知していることが分かった。「オンライン内見」については、「知っているが利用したことはない」(47.4%)が、「知っていて利用したことがある」(19.2%)より多かった。
 未利用者が利用しなかった理由では「実際に部屋を訪問してみないと分からないことがあると思うため」(72.2%)が1位だった。利用者にオンライン内見の良かった点を聞くと、1位は「自宅にいながら部屋の様子を確認できた」(71.9%)と、オンライン内見ならではのメリットを実感していることがうかがえた。

 また、オンライン契約を利用したいかとの問いでは、1位は「借りるときも買うときも利用したい」(28.8%)、次いで「買うときに利用したい」(27.0%)、「借りるときに利用したい」(26.0%)となり、「利用したい」との回答は合わせて8割を超えた。契約書は紙とデータのどちらでやりとりしたいかとの問いでは、「データの方が良い」(43.6%)が「紙の方が良い」(31.8%)を超え、不動産契約のオンライン化に前向きであることがうかがえた。

 不動産の検討の際、内見から契約までオンラインで完結できる不動産会社を積極的に利用したいかとの問いでは、「思う」(16.6%)、「どちらかと思えば思う」(46.0%)と、合わせて62.6%が好意的に捉えていた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IT重説

不動産取引における重要事項説明を、インターネット等を利用して対面以外の方法で行なうこと。宅地建物取引業法が定めている重要事項説明における対面原則の例外である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。