不動産ニュース / 開発・分譲

2021/11/11

「下北沢」駅高架下に5街区からなる複合施設

「ミカン下北」A街区遠景イメージ

 京王電鉄(株)は10日、「下北沢」駅高架下で開発を進める複合施設「ミカン下北」(東京都世田谷区)を2022年3月に開業すると発表した。

 A~Eの5つの街区で構成され、飲食店舗を中心とした商業エリアとワークプレイスが同居する施設。「ようこそ。遊ぶと働くの未完地帯へ。」をコンセプトに、ジャンルや価値観を超えて混ざり合う場所となることを目指す。

 A街区は、敷地面積約1,200平方メートル、延床面積約2,800平方メートル、地上5階建ての店舗(11店舗)・オフィス。B街区は、敷地面積約560平方メートル、延床面積約1,200平方メートル、地上5階建ての店舗(1店舗)・オフィス・駐輪場。C街区は、敷地面積約180平方メートル、延床面積約580平方メートル、地上2階建ての駐輪場。D街区は、敷地面積約180平方メートル、延床面積約250平方メートル、地上2階建ての店舗(4店舗)。E街区は、敷地面積約300平方メートル、延床面積約480平方メートル、地上2階建ての店舗(4店舗)。

 まち歩きが楽しい下北沢の魅力を生かし、路面店が立ち並ぶようなゾーニングを採用。カルチャー拠点となる書店や物販店、個性的な飲食店など20店舗を出店する。世田谷区との取り組みにより「図書館カウンター」も設置し、利便性向上とまちの魅力発信に寄与していく。

 ワークプレイスは、個人単位で利用可能な「コワーキングスペース」のほか、2~10名程度の小規模用の「スモールオフィス」を用意。スタートアップ・ベンチャー企業の誘致を推進する。会議室やフォンブース、集中スペース、ラウンジ、テラススペースも備え、働き方を選べる環境を整備する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。