不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/11/11

建設関連事業は減収減益/長谷工22年3月期2Q

 (株)長谷工コーポレーションは11日、2022年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。

 当期(21年4月1日~9月30日)は、売上高4,148億2,400万円(前年同期比12.1%増)、営業利益414億2,400万円(同33.9%増)、経常利益409億4,500万円(同36.3%増)、当期純利益282億8,500万円(同37.7%増)。増収増益となった。

 主力の建設関連事業は、建築工事において、施工中物件の原価低減努力等により完成工事総利益率は17.6%(同0.3ポイント増)。完成工事総利益は402億円(同1.7%増)となった。分譲マンション新築工事の受注は、首都圏で200戸以上の大規模物件5件を含む27件、近畿圏・東海圏で同大規模物件1件を含む9件と、合計で36件を受注。非住宅物件も1件受注した。完成工事については、賃貸住宅1件を含む計37件を竣工した。
 不動産取扱量が増加したものの、完成工事高が減少し、売上高は2,909億円(同3.4%減)、営業利益は318億円(同1.4%減)と、減収減益だった。

 サービス関連事業は、大規模修繕工事・インテリアリフォームにおける修繕工事の施工量が増加。モデルルームへの来客数増加に伴い引渡戸数が増え、仲介の取扱件数等も増加したことにより、売上高950億円(同17.9%増)、営業利益45億円(前年同期:営業損失1億円)を計上し、増収増益。

 当期時点の受注高は、非住宅の受注が減少したことで1,414億円(同228億円減)。通期では4,700億円(同397億円増)を見込む(進捗率:30.1%)。通期では、売上高8,500億円、営業利益780億円、経常利益750億円、当期純利益510億円を見込んでいる。

 同日開催した決算説明会において、同社取締役専務執行役員の楢岡祥之氏は、「コロナの影響からか郊外型物件の需要が伸びている。都心の高額タワーマンションは苦戦するかと思ったが、予想を超える好況で価格も上昇。中期経営計画で全体の20%の受注を目指している超高層マンションも、技術的な研究を重ね順調に推移している。通期受注高4,700億円の達成に向け、引き続き推進していく」などと話した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。