不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/11/11

積水化学工業、買取再販事業を加速

 積水化学工業(株)住宅カンパニーは11日、2021年度上期(22年3月期第2四半期)の業績や今後の方針を発表した。

 当期は、売上高2,498億円(前年同期比8.3%増)、営業利益148億円(同13.8%増)。部材高騰の影響があったものの受注が前年同期比11%増と好調だったことやコスト削減により、営業利益計画(7月)を達成した。

 今後は、環境配慮型住宅「スマートハイム」のさらなる進化、積水化学グループならではのまちづくりの推進、買取再販事業「Beハイム」の本格展開を3つの柱として進めていく。

 スマートハイムでは、新換気・空調システム「快適エアリーT-SAS」や抗ウイルス加工建材を採用した商品、新開発の大容量蓄電池と大容量ソーラーを搭載した商品の販売を促進。21年度のZEH比率90%(20年度85%)を目指す。ニューノーマルへの対応や環境配慮、災害対策などさまざまな暮らし方の体験型プログラムを用意し、現地で提案するモデルハウス「GREENMODEL PARK」の出店を加速。拠点数を21年9月時点の43ヵ所から22年度末時点で64ヵ所にまで拡大する方針。

 まちづくりは、(1)グループで連携した複合型開発、(2)スマート技術実装の戸建分譲地の開発の2タイプを展開。(1)は4プロジェクトの販売、(2)は全国11プロジェクト・約500区画の開発を進めている。

 また、19年度にスタートした「Beハイム」は、20年度の売上棟数25棟を、21年度は66棟、22年度で100棟まで拡大していく。

 通期は売上高5,250億円、営業利益370億円を見込む。

 同カンパニープレジデント・神𠮷利幸氏は「3つの柱を進めていくことで、近年、直面するコロナ禍や脱炭素社会の実現といった課題や目標にも果敢に挑戦し、解決を図っていく」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。