不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/11/24

京王電鉄、サンウッドと資本業務提携

 京王電鉄(株)は22日、(株)タカラレーベンが保有する(株)サンウッドの株式を取得、同社と資本業務提携を行なうことを決定した。

 京王電鉄は、現在推進中のグループ経営計画において、不動産業の領域拡大を重点事項と位置付けている。そこで、都心部における富裕層を中心とした新築分譲事業を強みとするサンウッドの不動産販売業のリソースをグループで活用し、両社のシナジーを追求することを目的に、資本業務提携契約を締結することにしたもの。

 今回の提携は、(1)不動産開発事業の仕入れ・企画・設計・販売、京王電鉄社有地等の分譲開発や沿線開発における事業協力、(2)商品企画や用地についての情報交換、共同開発事業の実施の検討、(3)相互の顧客に対する物件情報の紹介、(4)人事交流を通じた事業ノウハウの共有や人材育成などが柱。

 タカラレーベンからサンウッドの株式100万株(総株式の議決権に対する割合21.31%)を取得。同社を関連会社とし、非常勤取締役を派遣する。株式取得および資本業務提携開始日は、11月29日。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。