不動産ニュース / その他

2021/11/24

東急不、賃貸レジデンスに優先通信サービスを導入

 東急不動産(株)は24日、(株)つなぐネットコミュニケーションズと高速インターネットサービス「UCOM光 レジデンス マンション全戸一括マルチタイプ」に関する包括契約を締結したと発表。今後、東急不動産が首都圏エリアで開発または賃貸運用する都市型賃貸レジデンス「コンフォリア」シリーズで、同サービスを提供していく。

 昨今の通信技術の発展とコロナ禍により、テレワークや動画配信サービス、オンラインゲームの普及が加速する中、インターネットを賃貸物件の標準設備として導入するだけでなく、居住者のニーズに合わせた通信環境を提供することが求められている。そこで今回の契約締結により、つなぐネットコミュニケーションズの「Connectix」サービスを利用可能とした。
 同サービスは、通常のマンション一括インターネット接続方式に加え、入居者(住戸)ごとに優先ルートを利用できるオプションサービスで、より快適な通信環境が期待できる。

 オンラインからの申し込みで工事は不要。月額2,200円(税込み)で即日利用可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。