不動産ニュース / 政策・制度

2021/11/29

補正予算、「こどもみらい住宅支援事業」を創設

 政府は26日、令和3年度補正予算案を閣議決定した。国土交通省関連の補正予算総額は2兆911億円、11月19日に閣議決定した「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」で掲げられた4つの柱に沿って必要な経費を計上した。

 4つの柱とそれぞれの予算額は、(1)「新型コロナウイルス感染症の拡大防止」が6億円、(2)「『ウィズコロナ』下での社会経済活動の再開と次なる危機への備え」が2,686億円、(3)「未来社会を切り拓く『新しい資本主義』の起動」が3,983億円、(4)防災・減災、国土強靭化の推進など安全・安心の確保」が1兆4,236億円となった。

 住宅・不動産関連では、(3)において子育て世帯や若年夫婦世帯による省エネ性能の高い新築住宅の取得・既存住宅の省エネ改修を支援するための「こどもみらい住宅支援事業」を新設、542億円が充てられた。加えて、UR賃貸住宅活用した近居による子育て支援に24億6,000万円、セーフティネット登録住宅を活用した子育て支援に3億400万円を計上した。

 また、地域材を活用した木造住宅の生産体制強化などを目的に、地域材の安定的な活用促進を含む地域型住宅グリーン化事業に30億円を計上。さらに、街区単位での脱炭素化に向けた取り組みやグリーンインフラの社会実装、都市公園への再生可能エネルギー導入支援など、脱炭素に資する都市インフラの整備に38億6,300万円、3D都市モデル「プラトー」の整備・活用・オープンデータ化等に向けて32億4,000万円を計上した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。