不動産ニュース / その他

2021/12/3

大手不動産会社がまちづくり人材育成等で産学連携協定

 オリックス不動産(株)は2日、立命館アジア太平洋大学(APU、大分県別府市)と「友好交流に関する協定」を結んだと発表した。

 相互に人的・知的資源を交流・活用し、教育・文化・まちづくり・国際化など幅広い分野で協力することで、将来の観光産業や地域の価値創造に貢献する人材の育成、地域活性化を図る。

 APUが持つ観光学分野の知見や教育研究機能、多国籍で構成する学生の感性を、オリックス不動産の経営ノウハウを組み合わせる。2022年4月には同社が運営する「別府温泉 杉乃井ホテル」でホテル事業の体験学習を開始し、その後にはグループの水族館などの実例を題材にした問題解決型学習を企画・実施していく。

 なお、3日には三菱地所(株)が長野大学と連携協力に関する協定を締結したと発表した。

 東北信地域を中心とした地域課題解決や地域活性化の促進に向け、産学連携によってまちづくりや観光、環境分野における高度職業人の育成プログラムを展開する。具体的には、22年度以降、先進的都市開発やまちづくりに関する講座の開設や三菱地所が手掛ける都市開発プロジェクト等でフィールドワークなどを実施していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。