不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/7

メルボルンで約2,500区画の宅地分譲/NTTUD

 NTT都市開発(株)は7日、100%子会社のNTT UD Australia Pty Limited(以下UDA 社)を通じてオーストラリア メルボルン近郊で新たに3つの宅地分譲プロジェクトに着手すると発表した。

 同社はこれまで、オーストラリアにおいて2つの宅地分譲事業を完売・引き渡している。今回は新たに3プロジェクト合計で約2,500区画の宅地を供給する。

 1つ目の「Officer centralプロジェクト」は、メルボルン中心部から南東約45km、車で40分のエリアで行なう。同社が2020年より手掛けている宅地分譲事業(261戸)・Officer Centralプロジェクトが順調に推移していることから、その隣地約12.2haを取得し、事業を拡大。住宅用地229区画やソーシャルハウス(行政から提供されるシングルペアレント家庭や障害者等向けの住宅)を開発する。メルボルン中心部まで直接アクセス可能な駅や高速道路の入り口から近く、また、周囲には教育施設やショッピングセンターが集積する。

 2つ目は、「915 Donnybrook Roadプロジェクト」。メルボルン中心部から北約40km、車で50分に位置する約76.7haで開発する。メルボルン中心部や空港への交通利便性も高く、住宅地として人気のエリア。周辺では同社が以前開発した宅地分譲地「Annadale」を含め、開発が進んでおり、教育機関やショッピングセンターも整備されている。同プロジェクトでは住宅用地1,061区画の他、学校やコミュニティセンター用地・商業用地等も整備する。

 3つ目は、「1056 Taylors Roadプロジェクト」。メルボルン中心部から北西約25km、車で約30分に位置する約93.1haで開発する。メルボルン中心部に通じる高速道路の出入り口から近いため住宅地として人気の立地。ショッピングセンターや教育機関が点在しており、生活利便性も高い。住宅用地1,376区画を開発し、コミュニティ形成を促進するまちづくりにも取り組む計画。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。