不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/12/23

M管理員、認知症・孤立死対応経験ありが2ケタ超

 大和ライフネクスト(株)の分譲マンション総合研究所であるマンションみらい価値研究所は、管理受託マンションに関わる管理員・フロント社員を対象に認知症と孤独死に関するアンケート調査結果を発表した。回答期間は7月中旬~8月10日。管理員1,595名、フロント社員88名の計1,683名から回答を得た。建物数は1,557、総回答数1,724件。

 総回答数のうち、認知症および認知症の疑いがある居住者の対応をしたことがあるという回答は468件、約27%を占めた。管理員・フロント社員が対応した認知症の症状の上位5位は、「同じ話を何度も繰り返す」(回答数70)、「いわゆる徘徊」(同52)、「指定日以外のごみ出し、ごみの散乱」(同35)、「自分の部屋に戻れない」(同31)、「被害妄想」(同25)であった(回答者は認知症に関する医学的知識を持っている人が少ないため、認知症以外の症例を認知症と誤認しているケースが含まれている可能性あり)。

 孤立死の対応をしたことがあるとの回答は186件、約11%。孤立死の事例で最初に居住者の異変に気付いた人については、「管理員」(同72)が多数を占め、「不明」(同35)、「近隣住民」(同23)、「親族」(同22)が続いた。

 大和ライフネクストでは、この実態調査を受けて管理員向けの対応マニュアルを作成するなど対応を進めていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。