不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/13

「北千住」駅にボックス型サテライトオフィス

「EKI DESK by H1T BOX」外観(左)・内観(右)イメージ

 東武鉄道(株)と野村不動産(株)は、東武鉄道のサテライトオフィス「Solaie+Work」の新サービスとして、ボックス型サテライトオフィス「EKI DESK(エキデスク)by H1T BOX」を14日に設置する。

 「EKI DESK by H1T BOX」は、移動途中や電車の待ち時間などの隙間時間で利用できるボックス型のサテライトオフィス。調整可能な照度・空調設備、通信環境、リンクライニングチェア・モニターを完備する。スマートロックでの入退室管理とセキュリティカメラによる防犯対策も実施。スマートフォン、交通系ICカード等により簡単に入退出できる。

 北千住駅南口改札付近に2台設置。今後も東武沿線の駅ナカを中心に設置していく。契約対象者は「Solaie+Work」および野村不動産が展開するサテライト型シェアオフィス「H1T」の法人会員。利用料金は15分につき250円の完全従量課金制。営業時間は7~22時。
 「Solaie+Work」および「H1T」の専用システムから事前予約する。各会員は、両サービス拠点を相互に利用することが可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。