不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/1/17

世界の不動産市場、コロナ禍で需要増進

 (株)LIXILイーアールエージャパンはこのほど、ERA米国本部による国際不動産市況レポート「The COVID-19 Pandemic’s Impact on Real Estate Around the World(世界各国の不動産市場における新型コロナウイルス感染爆発の影響)」の作成に参画。日本語で要約したものを公表した。

 同レポートは、ERA米国本部の要請により、世界23の国・地域のERA本部が情報を提供して作成したもの。それによると、感染拡大する中、日本だけでなく他国においてもリモートで仕事をする人が増え、自宅で過ごす時間が増加。日本と同様に自宅に対する思い入れが深まり、不動産の需要が伸びた国・地域が多かったという。

 住宅価格に関しては、ERAの展開する国・地域の約60%で上昇。アルバニア、コソボ、モンテネグロ、ドイツ、フランス、ベルギー、ブルガリア、オランダ、台湾では住宅価格が上昇したという。中でもオランダでは2020年第1四半期から21年半ばにかけて住宅価格が急上昇。その上昇幅は約40%に達し、21年4~6月の平均販売価格が史上初めて40万ユーロ(約5,200万円)を超えた。

 案件数については、欧州では経済的ダメージが抑えられた結果、アルバニア、コソボ、モンテネグロ、ベルギー、ブルガリア、フランス、オランダで案件数が増加したと回答した。

 パンデミックの影響については87%が「都市から郊外へ移り住む人が増えた」と回答。オランダでは、都市封鎖によって農村地域の魅力が高まり、利用可能な住宅の数が急速に減少。アムステルダムからは多くの人口流出がみられた。南アフリカでは、物件数の不足と需要の高まりが相まって、一次取得者向けの小規模住宅や200万ランド(約1,500万円)未満の中規模住宅の価格が上昇。テレワークが進んだ結果、小さな村や町の需要が高まったという。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。