不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/19

名古屋西口徒歩圏にタワマン/総合地所、地所レジ

「リニアゲートタワー名古屋」外観完成予想図

 総合地所(株)、三菱地所レジデンス(株)は18日、大規模分譲マンション「リニアゲートタワー名古屋」(名古屋市中村区、総戸数220戸)プロジェクトを始動すると発表した。

 JR東海道本線ほか5路線「名古屋」駅徒歩10分、リニア中央新幹線の開業に向けて、発展が期待される「名古屋」駅西口エリアに立地。鉄筋コンクリート造地上19階建て、敷地面積2,753.22平方メートル。延床面積1万4,929.33平方メートル。間取り1K~3LDK。専有面積28.79~86.93平方メートル。

 実需用、セカンドハウス、半住半投など、都心居住の幅広いニーズに応えるため、1K~3LDKまで全21タイプの住戸プランを用意。間口7mを超える間取りや、多彩な収納プランを提供する。

 大きな庇を設けた車寄せや2層吹き抜けのエントランスラウンジを設置。全フロア内廊下設計で、コンシェルジュサービスも提供する。スカイラウンジは、「名古屋」駅方面を一望できる開放的なスペースで、パーティールームや読書、語らいの場など、さまざまな用途で利用することが可能。コワーキングラウンジは、高速Wi-Fi環境を整備し、リモートワークにも対応できる個室ブースを設置。雑誌等の電子書籍を無料で読めるサービスも用意する。

 また、災害に強いマンションを目指し、3フロアごとに1ヵ所の防災倉庫を設置するほか、断水時には非常用飲料水生成装置を利用し、全住戸6日分の飲料水を確保するなど、防災対策を行なう。

 販売予定戸数・価格は未定。モデルルームオープンは2022年5月下旬、竣工は24年1月中旬、入居は同年2月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。