不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/26

阪神甲子園球場とデッキでつないだ商業施設

「甲子園プラス」外観イメージ(右手が阪神甲子園球場)

 阪神電気鉄道(株)は25日、建設中の商業施設「甲子園プラス」(兵庫県西宮市)を、3月3日に開業すると発表した。

 同施設は、「阪神甲子園球場」南側の西宮市所有地を同社が30年の事業用定期借地権契約し、開発する。敷地面積3,243平方メートル。鉄骨造3階建て、延床面積約5,000平方メートル。
 コンセプトは「野球・スポーツ振興の場」と「地域の憩い・子育て・学びの交流拠点」。「阪神甲子園球場」と歩行者デッキで接続し、球場内にある展示施設「甲子園歴史館」を外野エリアから一部移転・拡張し、リニューアルオープンする。

 出店店舗は全11店。1階は、ファミリー層を中心に人気の飲食店のほか、関西初の大型野球用品専門店等が出店する。2階は、「甲子園歴史館」に加え、シミュレーション野球の体験施設やベーカリー・カフェがオープン。3階は、関西初のキッズスポーツ施設「パルクールプレイハウス」やロボットのプログラミング教室「プログラボ」が出店する。

 同社は今後も「スポーツ」をテーマにしたまちづくりを目指し、甲子園エリアの活性化に取り組んでいく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。