不動産ニュース / 政策・制度

2022/1/28

フィリピンで長期的な開発に向け合弁会社/野村不

 野村不動産(株)は27日、フィリピンの大手財閥グループであるGT Capital Holdings,Inc.傘下のFederal Land Inc.と共に合弁会社「(仮称)Federal Land NRE Global,Inc.」(FNG)を設立すると発表した。

 同社グループは、中長期計画にて2028年3月期までに海外事業への約3,000億円の投資と、海外事業による利益比率を15~20%まで拡大させる方針を掲げ、これまでに中国や東南アジア諸国を中心に積極的な事業参画を進めてきた。17年からは、フィリピン・マニラでFLIと(株)三越伊勢丹ホールディングスと共に住宅・商業の複合開発プロジェクト「ザ・シーズンズレジデンス」を推進。より強固なパートナーシップを基にしたシナジー効果を見込み合弁会社を設立した。両社から不動産の専門性を持った人材を派遣し、長期にわたってフィリピンで不動産開発に取り組む方針。

 FNGは、経済成長が期待できるフィリピン市場において、継続的な事業拡大を目指す考えで、野村不動産はFNGをフィリピンにおける拠点に位置付け、現地のニーズに合った事業を推進していく。フィリピンにない先進技術を活用した独自のまちづくりにより、持続可能なコミュニティを創出していく予定。

 FNGの資本金は約480億フィリピンペソ。出資比率は、FLグループが66%、野村不動産が34%。22年4月に設立予定。

 初期案件としてマニラ首都圏およびセブで4エリアの開発用地(総面積約250ha)の組み入れを決定。総事業費約7,500億円の不動産開発事業(分譲住宅約5万戸、オフィス延床面積約680万平方メートル、商業施設延床面積約20万平方メートル)を推進していくとともに、他エリアでの展開も視野にさらなる追加投資も行なっていくとしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。