不動産ニュース / 政策・制度

2022/1/28

東京都、30年度までの住宅マスタープランで意見募集

 東京都は、今後10年間(2021~30年度)の住宅政策の方向性を示した「東京都住宅マスタープラン」(案)をとりまとめ、27日より都民を対象に意見募集を開始した。

 同マスタープランは住生活基本計画の都道府県計画としての性格を併せ持つもので、おおむね5年ごとに見直しを実施している。今回の案では、これまで進めてきた少子高齢化・人口減少社会における住宅セーフティネットの強化など、社会の成熟化への対応を重視した取り組みを一層推進すると共に、DXの導入や資源循環型社会の実現など成長の視点も取り込みながら住宅政策のさらなる展開を図っていく。

 豊かな住生活の実現と持続に向け、10の目標を掲示。「新たな日常に対応した住まい方の実現」「脱炭素社会の実現に向けた住宅市街地のゼロエミッション化」「住宅確保に配慮を要する都民の居住の安定」「住まいにおける子育て環境の向上」「高齢者の居住の安定」「災害時における安全な居住の持続」「空き家対策の推進による地域の活性化」「良質な住宅を安心して選択できる市場環境の実現」「安全で良質なマンションストックの形成」「都市づくりと一体となった団地の再生」について、それぞれ現状、30年度に向けた施策展開の方向性、具体的な施策や政策指標等を示した。都が21年3月に策定したSDGsの目線で持続可能な都市・東京を実現していく「『未来の東京』戦略」で示したビジョンを踏まえ、目指す40年代の姿も明示している。

 意見募集期間は2月26日まで(郵送の場合は、期間最終日消印有効)。提出方法やマスタープラン案の詳細については、東京都ホームページを参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。