不動産ニュース / その他

2022/2/2

国内賃貸資産の全消費電力を再エネ由来に/野村不

 野村不動産ホールディングス(株)は1日、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギー由来の電力(再エネ)で調達することを目標とする国際イニシアチブ「RE100」に加盟。2050年までの100%再エネを目指すと発表した。

 グループ全体で脱炭素社会の実現に向けた取り組みを加速させるため、先行して、グループの中核会社である野村不動産(株)が保有する国内全ての賃貸資産において、野村不動産が調達する電力を入居テナント分も含め、23年度までに消費電力をすべて再エネ由来にする。

 その実現に向け、今後同社が開発する物流施設「Landport(ランドポート)」すべてに太陽光発電設備を設置し、その環境価値を活用。外部の「トラッキング付非化石証書」等の調達も実施することで、テナント企業の再エネニーズに対応する。

 さらに30年グループCO2削減目標の達成に向けては、物流施設「Landport」に加え、同社が開発する分譲戸建・分譲マンション等での再エネ発電設備の設置や「生グリーン電力」の調達などを積極的に進めることで、社会全体での再エネ増加に貢献していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?