不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/2/3

都心Aクラスビル、空室率は9四半期ぶり改善

 三幸エステート(株)は3日、(株)ニッセイ基礎研究所と共同開発した成約賃料に基づくオフィスマーケット指標「オフィスレント・インデックス」(2021年第4四半期(10~12月)版)を公表した。

 東京都心部のAクラスビル(延床面積1万坪以上、1フロア面積300坪以上、築年数15年以内)の1坪当たり賃料は、3万696円(前期比4,238円下落)。前期まで4四半期連続で3万5,000円前後の推移となっていたが、当期は大幅な下落となった。中心部以外でリーシング活動が長期化、募集床が現空となったビルでは賃貸条件を引き下げて後継テナントを誘致する動きが広がっている。
 一方、空室率は3.2%(同0.1ポイント低下)と、9四半期ぶりに低下に転じた。テナント移転後の二次空室やオフィス戦略見直しによる大口募集床が現空となるなどといった状況は継続しているものの、築10年未満のビルを中心に館内増床やエリア内移転等で空室消化が進んでいる。

 Bクラスビル(1フロア面積200坪以上でAクラスに含まれないビル)は、坪当たり賃料2万188円(同20円上昇)。17年第4四半期以来となる1万円台を目前に、小幅な動きで踏みとどまった。空室率は4.3%(同横ばい)。オフィス戦略の見直しなどによる二次空室が現空となる一方、大口の需要もあり、空室床が消化した。ただし、オフィス需要自体はコロナ前の勢いを取り戻したわけではないため、空室率の上昇が継続する可能性がある。

 Cクラスビル(1フロア面積100坪以上200坪未満、築年数制限なし)は坪当たり賃料1万7,115円(同564円)と回復した。空室率は4.1%(同0.1ポイント上昇)で、7期連続で上昇したものの、上昇幅は縮小傾向となっている。複数の新築ビルが空室を抱えて竣工したことが上昇要因と考えられる。A・Bクラスビルに比べてテナントの動きが活発なことから、空室率上昇に歯止めがかかるかどうか注目が集まっている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。