不動産ニュース / その他

2022/2/14

積水ハ、災害用備蓄品を子供食堂へ提供

 積水ハウス(株)は、企業が保有する入れ替えの期限を迎える災害発生時用の備蓄食品と大阪府内の子供食堂とのマッチングを行なう実証実験に参画する。

 同実証実験は、慶應義塾大学SFC研究所(神奈川県藤沢市、所長:飯盛義徳氏)が参画している、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「スマートバイオ産業・農業基盤技術」において、スマートフードチェーンプラットフォーム(SFP)の社会実装に向けた「新規ソリューションの検討」の募集に、(株)クラダシ(東京都品川区、代表取締役社長CEO:関藤竜也氏)が提案する「こども食堂への安定的食材提供の仕組み作りと実証」が採択され実現した。SFPとは、育種・生産から販売・輸出・消費までの間でデータ連携することにより農業サプライチェーンの最適化等を図るプラットフォーム。SFPとのデータ連携を活用し余剰食品を提供したい企業と連携することで、子供食堂への円滑かつ迅速で安定的な食品提供の実現を目指す。

 積水ハウスは、2021年10月にクラダシと地域のフードロス問題の解決や特産品のPRを目的とした社会貢献型インターンシップを実施したことなどを背景に、“子どもが幸せに暮らせる社会・環境共生社会”の実現に向け、今回の参画を決めた。今回の実証実験では、積水ハウス総合住宅研究所(京都府木津川市)の保有するアルファ化米の情報をSFPに登録し、大阪府内の5ヵ所の子供食堂のニーズとマッチング。賞味期限数ヵ月前のタイミングで提供する。

 実証実験期間は2月14日~3月10日。取り組みの本格スタートは、23年4月以降を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?