不動産ニュース / その他

2022/3/24

ジェクトワン、空き家問題解決に向けアドレスと連携

 (株)ジェクトワンと(株)アドレスは24日、空き家問題の解決に向け連携を開始したと発表。初弾プロジェクトとして、「ADDress 武蔵境A邸」(東京都三鷹市)を21日にオープンした。

 ジェクトワンは、2016年から首都圏を中心に、空き家を物件特性や地域のニーズに合わせリノベーション・再生する空き家活用事業「アキサポ」を展開。これまで同サービスを通じた空き家活用実績は約50件にのぼる。アドレスは、定額制で全国の家に住める多拠点コリビングサービスを全国で展開している。

 今回の連携では、ジェクトワンが物件オーナーとの窓口対応および物件の借り上げを実施。ジェクトワンがアドレスと転貸借契約を結ぶ。外壁、屋根、ファサードサッシ、内部解体、電気工事、給湯器交換等のリノベーション工事と、家具・家電費用をジェクトワンが負担。アドレスは内装工事とインテリアデザインを行なう。

 この連携により、オーナーは物件のリノベーション工事や家具・家電費用の負担がなく、空き家をアドレスに登録できるため、「リノベーションしないと登録できる状態ではない」「リノベーションなどにかかる初期費用の負担が難しい」といったオーナーでも、物件登録を検討することが可能に。空き家活用のさらなる活性化につなげる。

 「ADDress 武蔵境A邸」は、JR中央線「武蔵境」駅徒歩19分に立地。10年ほど空き家だった物件をリノベーションした。アドレスでは三鷹市初の物件となる。4月には西八王子エリアで第2弾をオープンする予定。

連携イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。