不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/11

広島市民球場跡地でPark-PFI事業に着工

「旧広島市民球場跡地整備等事業」完成イメージ

 NTT都市開発(株)を代表法人とするNEW HIROSHIMA GATEPARKは11日、広島市で初となるPark-PFI事業「旧広島市民球場跡地整備等事業」(広島市中区)を着工すると発表した。

 同プロジェクトは、旧広島市民球場跡地に国内外、老若男女問わず多様な人々が集い、交流できる市民公園を整備するもの。事業面積は約4.7ha。広島電鉄「原爆ドーム前」電停直結。木造および鉄骨造、地上1~2階建ての商業施設8棟や、イベント拠点となる大屋根を備えたオープンスペースを開発。延床面積は約4,770平方メートル。旧施設では開催されていなかった新規イベントの誘致や、市民主導のイベントの開催などに取り組み、1,000人以上の集客イベントを年間90日以上開催、地域ににぎわいを創出していく。

 併せて、平和記念公園からつながる南北軸をつなぎ、未来の平和の象徴となる歩行者空間「ピースプロムナード」なども整備。にぎわいと回遊性を高める公園を目指す。

 供用開始は2023年3月末の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。