不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/4/20

マンション共用施設をスマホで予約決済可能に/住友不

利用イメージ

 住友不動産(株)は20日、同社新築分譲マンションに附帯する共用施設に、スマートフォンで予約から決済までできる決済対応スマートロックを導入すると発表した。

 (株)構造計画研究所(東京都中野区、 代表執行役会長:服部正太氏)が提供するスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」と、(株)Rebase(東京都渋谷区、代表取締役CEO:佐藤 海氏)が運営するレンタルスペースの予約プラットフォーム「インスタベース」を活用した予約決済システムを活用。同システムの導入により、居住者はいつでもどこでもスマホから簡単に予約ができ、マンションのフロント等での対面予約や鍵の受け渡しの手間がなく、共用施設を利用することが可能となる。

 管理を省人化でき、管理コストを抑えて導入することが可能なスマートロックのメリットを生かし、同社では中小規模物件でもテレワークルーム、パーティルーム等の共用施設へ導入していく考え。「シティハウス堤通雨宮町」(仙台市青葉区、総戸数204戸、2021年12月竣工済)、「シティテラス上杉」(仙台市青葉区、総戸数336戸、22年2月竣工済)を皮切りに、 総戸数100戸以下の物件を含めた75物件(22年3月末現在)での設置を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。