不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/21

虎ノ門・麻布台“ヒルズ”、メインタワーが上棟/森ビル

上棟したA街区

 森ビル(株)は21日、日本郵便(株)とともに参加組合員として参画する「虎ノ門・麻布台プロジェクトA街区」(虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業A街区)を上棟した。

 「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は、同社開発の「アークヒルズ」に隣接し、「六本木ヒルズ」と「虎ノ門ヒルズ」の中間に立地する。区域面積約8.1ha、敷地面積約6万3,900平方メートル、延床面積約86万1,500平方メートル。A街区ほかB-1・B-2・C街区を開発する計画で、住宅(約1,400戸)、オフィス(約21万3,900平方メートル)、商業施設(約150店)、ホテル(約120室)、インターナショナルスクール、文化施設などで構成。約6,000平方メートルの大規模な中央広場も一体的に整備する。2019年8月に着工。23年3月に竣工する予定。総事業費は約5,800億円。

 今回上棟したA街区は、敷地面積約2万4,100平方メートル、延床面積約46万1,400平方メートル、鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造地上64階地下5階建て。

 7~52階は、総貸室面積約20万4,000平方メートル、基準階面積約4,300平方メートルの大規模オフィスに。最上層の54~64階は、ラグジュアリーリゾートを手掛けるアマンとのパートナーシップによる「アマンレジデンス東京」(総戸数91戸)となり、居住者専用の約1,400平方メートルの「アマン・スパ」も備える。地下1階~4階は商業施設フロアとし、ファッションやインテリア、ウェルネス、レストランなど多彩な店舗を用意する。地下1階~7階はインターナショナルスクール、5・6階は「慶應義塾大学予防医療センター(仮称)」となる予定。

上棟式の様子
鉄骨への名入れの様子(森ビル代表取締役社長の辻 慎吾氏)

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。