不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/26

パナソニックH、大阪でCRE活用のホテル

「ホテルアビターレなんばウエスト」イメージ

 パナソニック ホームズ(株)は26日、宿泊施設「ホテルアビターレなんばウエスト」(大阪市浪速区、総客室数78室)を開業した。

 大阪市高速電気軌道(株)(Osaka Metro)が保有する企業不動産(CRE)を活用。パナソニック ホームズが建物を建設し、子会社のパナソニック ホームズ不動産(株)が一括借り上げして宿泊施設として運営する。大阪市の特区民泊制度を活用することで、住居用建物と同様の容積緩和を受け、容積率上限まで建築することで収益性を高めた。

 OsakaMetro千日前線「桜川」駅より徒歩約1分。敷地面積約502平方メートル。建物は鉄骨造地上14階建て、延床面積は2,970平方メートルで、同社が建築した既存の特区民泊物件の中では最大規模となる。

 将来的な賃貸住宅への転用も見据え、待ち合わせコーナー等を共用部として活用できるようにしている。各客室にはキッチン、バス、リビングも設けた。1室当たりの面積は31~36平方メートル。最大4人まで宿泊可能で、ファミリーやグループでの利用にも対応する。

 ベッドはシモンズ社製を採用。エントランスには約3,000冊のコミックスや雑誌を用意する他、テントや大型スクリーンを備え、家族で非日常を満喫できるグランピングルーム(5室)も用意した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。