不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/27

鳥取砂丘キャンプ場が体験型キャンプグランピング施設に

 ミサワホーム(株)、(株)ミサワホーム総合研究所、ミサワホーム中国(株)の3社が参画するコンソーシアムがこのほど、鳥取市と鳥取県が公募した鳥取砂丘キャンプ場(仮称)運営事業の優先交渉事業者として選定された。

 コンソーシアムは、グランピング事業を展開する(有)アドセンターパルを実施主体とし、地元企業3社も加えた7社で構成。旧サイクリングターミナル、旧柳茶屋キャンプ場、旧こどもの国キャンプ場エリアの3拠点を一体的に整備。鳥取県が新産業創造に向け宇宙産業創出に取り組んでいることから、宇宙・地域・未来をコンセプトとした「TOTTORI SAKYU MOON PARK 鳥取砂丘ムーンパーク(仮)」とすることを提案した。今後、幅広い世代が楽しめる体験型のキャンプ・グランピング施設の整備・運営を計画している。

 2022年7月に基本協定と貸付契約を締結予定。9月に現在の施設などの引き渡しを予定しており、23年の開業を目指して施工・整備を進める。ミサワホームは、コンソーシアムにおいて企画・設計・施工の役割を担当する予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。