不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/5/2

首都圏の大型物流施設空室率4.4%に

 シービーアールイー(株)(CBRE)は4月28日、2022年第1四半期の物流施設市場動向を発表した。

 首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は、4.4%(前期比2.1ポイント上昇)となった。空室率が4%台となるのは19年第1四半期以来となる。今期の新規供給は26万坪で、四半期ベースでは04年の調査開始以来最大となったことが要因。新規需要は15万坪と、過去3年間の平均である14万坪と比較しても遜色なかったが、供給規模には及ばず、空室率が上昇した。

 1坪当たりの実質賃料は4,520円(同1.1%上昇)。全体の空室率が上昇したものの、安定的な需要に支えられて空室や供給予定の少ない地域では賃料は上昇した。また、今期は賃料単価の高い市街地近郊で複数棟が竣工したことが平均を押し上げる結果となった。

 エリア別では、東京ベイエリアの空室率が13.2%(同12.7ポイント上昇)・実質賃料は7,530円(同0.1%上昇)。外環道エリアは空室率0.9%(同1.5ポイント低下)・実質賃料は5,190円(同0.2%下落)。国道16号エリアは空室率5.4%(同2.4ポイント上昇)・実質賃料4,510円(同0.9%上昇)、圏央道エリアは空室率3.1%(同2.2ポイント上昇)・実質賃料3,620円(同0.6%上昇)となった。

 近畿圏の空室率は2.1%(同0.9ポイント上昇)。今期の新規供給物件1棟が空室を残して竣工したことが要因とみられる。一方、既存物件では二次空室が発生しても長期化することなく、後継テナントが決定しており、竣工1年以上の物件の空室率は0.7%(同変動なし)となった。実質賃料は4,110円(同0.2%上昇)と、大阪府内陸部など交通アクセスの良い地域を中心の上昇基調となっている。

 中部圏の空室率は4.6%(同0.5ポイント低下)。今期は新規竣工はなく、前期竣工を含む複数の物件で空室が消化された。コロナの影響で工場生産活動の停滞に伴って発生した一時的な在庫保管ニーズがみられたほか、メーカーが長期的な視点で保管量を増やすような動きも出てきている。そのため、今後の供給予定物件への引き合いは以前に比べて強くなっており、一部の物件は早くも満床になっている。実質賃料は3,590円(同変化なし)と、8四半期連続で横ばい。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。