不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/2

賃貸レジデンスで新ブランド/平和不動産

ブランドロゴ

 平和不動産(株)は2日、同社の賃貸レジデンス事業において、新ブランド「ORSUS(オルサス)」を展開すると発表した。

 同社は中期経営計画「Challenge&Progress」で、ビルディング事業における外部成長促進の一環として、賃貸レジデンスの開発・取得を推進している。このほど、多様化するライフスタイルや社会的ニーズに幅広く対応していくため、新ブランドを立ち上げた。

 「ORSUS」のブランドコンセプトは“そこに住む「人」を中心にした、新しいニーズに適した住まい”で、ラテン語の「ORSA(新たな始まり)」と「SUSTINERE(支える)」を組み合わせた造語。

 同ブランドでは、「新たな生活様式」として、シングル・DINKSをターゲットに1DKなど広い間取りを中心とし、「環境、SDGs」をテーマに共用部には、再生可能エネルギー100%電力を使用。また、「安心・安全」面では、防犯カメラ等のセキュリティを強化した。

 現在、東京都台東区や東京都品川区においても新規プロジェクトを進めている。その他、既存賃貸レジデンスの物件名も順次変更していく予定で、現在の物件ラインナップは、「ORSUS 浅草」(東京都台東区、総戸数27戸、2021年2月竣工)、「ORSUS 本所吾妻橋」(東京都墨田区、総戸数24戸、21年6月竣工)、「ORSUS 梅島」(東京都足立区、総戸数89戸、22年1月竣工)、「ORSUS 中野」(東京都中野区、総戸数33戸、22年1月竣工)の4物件。

 なお、同社はグループ全体での脱炭素社会、温室効果ガス排出量削減の実現に向けた取り組みを加速させるため、積極的にサステナビリティ施策を推進している。その一環として22年にZEHディベロッパーに登録、認定を取得しており、賃貸レジデンス開発においてもZEH-Mの普及実現に向けた検討を積極的に行なっていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。