不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/17

東向島で防災街区整備事業/東建・不燃公社

 東京建物(株)と(一財)首都圏不燃建築公社は17日、「東向島二丁目22 番地区防災街区整備事業」(東京都墨田区)について、墨田区より特定防災街区整備地区および防災街区整備事業の都市計画決定が告示されたと発表した。

 事業地は、東武スカツリーライン「曳舟」駅徒歩2分に立地。面積は約0.2ha。区内の不燃化促進事業の区域内に位置し、重点的に延焼遮断帯の形成に取り組むべき「重点不燃化促進区域」とされている。また、住宅市街地総合整備事業(密集事業)の北部中央地区内にも位置しており、老朽建築物の密集地域として住環境の改善が求められている。

 これらの課題解決に向け、防災街区整備事業として中高層マンションの建設や周辺道路の整備等を行ない、延焼遮断帯の形成や密集市街地の改善などエリアの防災性向上を図る計画。両者は事業協力者として、2020年に設立された東向島二丁目22番地区防災街区整備事業準備組合(準備組合理事長:髙栁康夫氏)と共に計画を推進する。

 23年度に権利変換計画認可を受け、既存建物の解体工事に着手する予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。