不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/5/18

住みここちトップは2年連続で「みなとみらい」駅

 大東建託(株)は18日、「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2022<首都圏版>」を発表した。

 (株)マクロミルの登録モニターに対し、インターネット経由で調査票を配布・回収。首都圏居住の20歳以上の男女を対象に、「住みここち」については19~22年の累計20万7,659人分の回答を、「住みたい街」に関しては22年分の5万3,853人分の回答を集計した。
 「住みここち」ランキングは、現在居住しているまちについての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点、満足:75点、どちらでもない:50点、不満:25点、大変不満:0点)」の平均値から作成。「住みたい街」ランキングについては、入力された自治体名・駅名を基に複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から得票数を集計して作成している。

 「住みここち(駅)」ランキングは、2年連続で「みなとみらい」(みなとみらい線)がトップに。周辺に大型商業施設やホテル、遊園地などの観光スポットがあり、「生活利便性」「自然観光」の項目で評価された。2位は3年連続で「築地・新富町A」(東京メトロ日比谷線)、3位は昨年3位だった「表参道」(東京メトロ銀座線)が順位を上げた。
 「住みここち(自治体)」トップは、4年連続で「東京都中央区」。2位も4年連続で「東京都文京区」がランクインした。3位は昨年4位の「東京都目黒区」。昨年の調査でトップ10入りした自治体が、今回の調査でもトップ10に入る結果となり、大きな変動は見られなかった。

 「住みたい街」ランキングのトップは4年連続で「吉祥寺」(JR中央線)、2位も同じく4年連続で「横浜」(JR東海道本線)となった。3位は「みなとみらい」(みなとみらい線)。トップ10の駅のうち8駅は昨年と同じ顔ぶれだが、5位に昨年11位の「東京A」(JR山手線)、9位に昨年12位の「新宿A」(JR山手線)がランクインした。
 「住みたい街(自治体)」は、昨年まで3年連続で2位だった「東京都世田谷区」がトップに。2位は「東京都港区」、3位は「東京都武蔵野市」。

 今回は、「住みたい理由」「住んでいない理由」「街との関係・住む可能性」も追加調査した。住みたい理由には「交通利便性」「生活利便性」「イメージの良さ」「繁華街があること」などが挙げられ、住んでいない理由には「家賃が高くて払えない」「価格が高くて買えない」などが挙げられた。また、住みたい街では「よく遊びに行く」と回答した人が上位10位の平均で37.7%を占め、住みたい街には44.5%が「現実的には一生住まないと思う」と回答した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。