不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/5/20

経営者の住宅景況感、マイナス傾向/住団連

 (一社)住宅生産団体連合会は20日、2022年度第1回「経営者の住宅景況感調査」結果を発表した。

 受注戸数・受注金額の直近3ヵ月間の実績ならびに向こう3ヵ月間の見通しを、前年同期比で調査、指数化しているもの。住団連および傘下団体の法人会員15社から回答を得た。

 21年度第4四半期(22年1~3月)の受注実績は、総受注戸数はマイナス36(前期(21年10~12月期):マイナス9)、総受注金額は0(同36)だった。

 戸建注文住宅は、受注戸数マイナス43(同マイナス39)、受注金額マイナス19(同マイナス15)。各社からは「『こどもみらい住宅支援事業』などの支援策はあるものの、コロナ感染状況の高止まりやウッドショックによる顧客マインドの低下により、住宅展示場の来場者はコロナ禍以前を下回った状況が続いている」「ウッドショックによる価格高止まりの影響により木造受注が低調」等のコメントがあった。

 戸建分譲住宅は、受注戸数マイナス69(同マイナス56)、受注金額マイナス63(同マイナス44)と3期連続のマイナスで、マイナス幅も広がった。低層賃貸住宅は、受注戸数マイナス23(同プラス23)、受注金額18(同36)。リフォームは、受注金額38(同35)と2期連続のプラス。

 同連合会副会長兼専務理事の小田広昭氏は「資材価格の高騰がしばらく続くと見ており、各社は価格転嫁をせざるを得ない状況にきている。『こどもみらい住宅支援事業』はあるが、それ以上にマイナス要因が多く、今後も厳しい市況が続く見込み」と話した。

 今後3ヵ月(22年4~6月)の予測は、総受注戸数プラス0、総受注金額プラス14と、受注金額については5期連続プラスの見通し。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。