不動産ニュース / 開発・分譲

2022/6/1

東京・八重洲にZEB Readyのオフィスビル/関電不

「関電不動産八重洲ビル」

 関電不動産開発(株)は5月31日、オフィスビル「関電不動産八重洲ビル」(東京都中央区)を竣工した。

 JR各線「東京」駅から徒歩7分、東京メトロ銀座線「京橋」駅から徒歩5分に立地。敷地面積1,352.39平方メートル。免震構造鉄骨造一部鉄筋コンクリート造地上13階地下1階建て。延床面積1万3,490.51平方メートル。

 基準階貸室面積は約850平方メートル、三面採光、四隅コーナービューの整型無柱空間とし、専用テラスやオフィスキッチンも備える。アプリにより、オフィス内の人や室温の分布状況を確認することも可能。屋上には約250平方メートルのルーフテラスを設置。屋外ワークスペースや社内イベントスペースとして提供する。

 72時間対応非常用発電機を設置するなどBCP対策を実施。Low-E複層ガラスやセンサーによる空調・照明の自動制御を採用するなど省エネにも配慮。設計段階での建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高ランク(☆☆☆☆☆)および「ZEB Ready」認証を取得した。

 ビル内で利用する全電力に再生可能エネルギー由来の環境価値を付加する(株)関電エネルギーソリューションの「Kenes Green Supply」を導入することで、全消費エネルギーに関してゼロカーボンを実現する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?