不動産ニュース / その他

2022/7/8

植栽・自然音をオフィスに取り入れ実証実験/川崎市

 川崎市はこのほど、「バイオフィリックデザイン」の活用に向けた実証実験の結果を公表した。(株)Creative Green、(株)グリーバル、ダイダン(株)、大和リース(株)との共同実証。

 「バイオフィリックデザイン」とは、人間が本能的に自然とのつながりを求めるという考え方をオフィスなどに反映し、従業員の幸福度・生産性・創造性の向上を期待するもの。

 同市では緑を活用し、さまざまな課題の解決に向けた取り組みを進めている。その一環として、市庁舎の執務スペース、リフレッシュルームおよび市長応接室に「バイオフィリックデザイン」を導入。植栽や森の音などの自然音を取り入れ、職員へのアンケート調査やバイタルセンサによる評価を実施した。実施期間は1月17日~3月11日。

 オフィスに植栽を取り入れることで、オフィスに対して総合的に「満足」とした回答が、従前の0%から7.0%に。自然音も加えると17.0%にアップした。このほか、「リラックスしやすい」「創造的な活動がしやすい」という側面でも評価が上がった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。