不動産ニュース / 開発・分譲

2022/7/29

旧九段会館を一部保存した複合施設、竣工

「九段会館テラス」外観

 東急不動産(株)と鹿島建設(株)は29日、両社で推進中のプロジェクト「九段会館テラス(KUDAN-KAIKAN TERRACE)」(東京都千代田区)の竣工を発表した。

 登録有形文化財建造物である旧九段会館の建て替えプロジェクト。保存・復原を行なった保存部分と、オフィスとなる新築部分が融合した施設。
 東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅徒歩1分に位置。敷地面積約8,765平方メートル、延床面積約6万8,036平方メートル、鉄骨造(CFT造)・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造地上17階地下3階建て。

 東急不動産が展開する会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート九段下」や、創建当時の意匠を維持・復原した宴会場を含む「九段会館テラスコンファレンス&バンケット」を用意。オフィスワーカーの健康サポートや利便性を高めるクリニックモール、店舗などさまざまな付帯施設を備える。

 米国View社が開発したスマートガラス「View Smart Glass」を導入。建物屋上に設置したセンサーとAIを利用して、太陽の位置や天候に合わせてガラスの透過率を4段階で自動調整し、室内に差し込む自然光・熱量を最適化する。これにより、空調や照明によるエネルギー消費量を削減でき、一般的な低放射ガラスと比べ、電力消費量を最大20%程度削減することが可能となる。日本のオフィスビルへの導入は初。
 東京ポートシティ竹芝(東京都港区)で構築したデータ連携基盤「Smart City Platform」により、施設内のIoTソリューションを一元運用。施設内に設置するIoTカメラを活用し、職域食堂・エレベーター周辺などの混雑状況や夜間のテラスへの進入などを検知することで、施設内セキュリティを高め、ビルマネジメントの業務負担減にも寄与する。また、オフィスワーカーや来館者の利便性と衛生上の安全性を重視し、(株)エアラボの吸引式ハンドドライヤー「CIRCULA“サーキュラ”」を全館に計47台設置する。

 開業は今秋の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。